バインディングの種類

バインディングの種類

バインディング選びのポイントの第2弾、題して『バインディングを選ぶポイント➁』。
今回は、『バインディングの種類』を紹介します。

バインディングは大きく分けて4種類です。
滑るスタイルによって種類が異なるものや、脱着が楽なものなど、様々です。

ストラップタイプ

ストラップタイプのバインディング

最もスタンダードなタイプ。
トゥーストラップとアンクルストラップで、すの都度しめわけることができるので、足のコンディションに細かく対応できる。
種類の多いタイプになるので、自分のニーズにあった物を選びやすい。
座って装着するのが一般的です。慣れた方であれば、たって装着すれば問題ないですが、できない方はお尻が冷たくなる。
自分にあった物を選べるので、オススメです。

リアエントリータイプ

リアエントリータイプのバインディング

最初の締め具合の調整が少し大変ですが、後はハイバックの開閉だけで
バインディングが着脱できるので、とても楽。
立ったままバインディングの装着が容易にできるのはありがたい。
最初の締め具合で、緩んでこない限り1日中同じホールド感で滑走できる。
比較的種類は多くないので、ブーツとの相性をあわせるのが大変。

ステップインタイプ

ステップインタイプのバインディング

踏み込んで装着し、レバーで外すことができ、とても簡単。
種類が少ないので、自分のニーズにあった物を選ぶのが困難。
ブーツも専用のステップインタイプの物を選ぶ必要がある。

アルペンタイプ

アルペンタイプのバインディング

踏み込んで装着し、レバーで外すことができ、とても簡単。
種類が少ないので、自分のニーズにあった物を選ぶのが困難。
ブーツも専用のステップインタイプの物を選ぶ必要がある。