スノーボードの長さ

スノーボードの長さ

スノーボード選びのポイントの第3弾、題して『スノーボードを選ぶポイント➂』。
今回は、『スノーボードの長さ』を紹介します。

スノーボードの長さも、板選びに非常に重要です。
板の長さによって、操作性や安定性などがかわってきます。
自分の慎重に適した板の長さを知り、自分に合った長さの板に乗ることで、
上達もはやくなるし、楽しく滑れるることまちがいなし!

自分に適した板の長さを知る➀

★身長-(マイナス)15cm

一昔前までは、この身長-15cmが一般的だったのではないでしょうか?
全くスノーボードをしたことのない初心者だった私も、10年ほど前、某量販店で、身長-15cmの板をすすめられたことを記憶しています。
しかし、身長が人によって違いがあるということと同じで、体重も脚力も人によって違いがあります。
そういった観点から、身長-15cmと簡単に決めてしまうのは少し控えたほうがいいかもしれません。

自分に適した板の長さを知る➁

★身長175cm以上…………………身長-20cm
★身長160~175cm………………身長-15cm
★身長160cm以下…………………身長-10cm

一近年、こういった目安をよく目にするようになりました。
しかし、これもあくまで目安です。
上記のように、身長・体重・脚力など人によって違いがあるので、板選びの参考にするという感覚でよいのかもしれません。

自分に適した板の長さを知る➂

★身長×(かける)90%

板の購入の際、2年前にいろいろ調べてて得た情報です。
これも、あくまで目安ですが、オールラウンドに乗りやすい長さだそうです。

自分に適した板の長さを知る➃

自分に適した長さの板をみつけるのは非常に困難です。

★経験値・体格・運動能力・どのように滑りたいかなど、選ぶ条件が多岐にわたる。
★様々なブランド・板の種類など、選ばれる側(スノーボードの板)の条件多多岐にわたる。

といったように、様々なニーズに対応した選択肢が非常に多い中で決定していかなければなりません。

板の長さの比較

番外編として、板が長い・短いで、どのような違いがあるかみてみましょう。
あくまでも一般論です。板の太さ・かたさなどでもかわってきます。

長い板

【安定性に優れている】
高速滑走時に板がプレずに安定する。

【操作性が劣る】
小回りがきかない。
スピードの遅い時、板の取り回しが困難。

短い板

【安定性が劣る】
高速滑走路は、板がバタバタして安定しない。

【操作性に優れている】
小回りが効くため、板の取り回しが容易にできる。