ブーツの種類

スノーボードブーツ選びのポイントの第2弾、題して『ブーツを選ぶポイント➁』。
今回は、『ブーツの種類』を紹介します。

スノーボードのブーツは、大きく『ソフトブーツ』と『ハードブーツ』の2種類に分かれます。

ソフトブーツでスノーボードをしている人がほとんどではないでしょうか?
今回は、ソフトブーツを中心に紹介します。

ソフトブーツ

一般的に、フリースタイルで使用される比較的やわらかいブーツ。
ひものしめ方で、大きく3つに分けられます。
それぞれの特徴をしっかりつかみましょう。

シューレース

シューレースのブーツ

昔からある、最もオーソドックスなタイプ。
普段はいているひも靴のひもをしめる感覚でひもをしめていきます。

ブーツをしめるのに力が必要であるため、慣れていない人や女性などは、
時間と労力が必要となるかもしれません。
自分の好きな強さでしめることができるので、ブーツのしめ具合の微調整をしたい人がこの見ます。
ひもが切れても、すぐに交換できる良さがあります。

BOA

BOAのブーツ

ダイアルを回してワイヤーを巻き上げ、ブーツを占めるタイプ。
ダイアルを回すだけでブーツがしまっていくので、
短時間で簡単にブーツをしめることができます。

しかし、従来のシューレースタイプと違い、ブーツのしめ具合の調整ができません。
要するに、すべての部分が均等に閉まるということです。
(ダイヤルが1つのタイプの場合)
最近では、ダイヤルが数ヶ所ついているタイプも登場しており、強く締めたい部分と
緩めたい部分の調整ができるタイプも登場しています。

クイックシューレース(スピードレース)

クイックシューレースのブーツ

シューレース(ひも)を上に引っ張り上げてしめるタイプ。
シューレースは従来のシューレースより硬く、BOAよりやわらかいです。

BOAほどではないが、簡単にブーツをしめることができます。
足先から足首、足首からすねの部分を別々にしめることができ、
それぞれの部分の調整が可能です。
自分は、このタイプのブーツを使用しています。

ステップイン

ステップインのブーツ

ステップインバインディング用ブーツ。
バインディングへの装着・奪着が非常に簡単にできます。
バイバックのない専用のバインディングを使用するため、
バックサイドへ荷重した時が不安・・・

ハードブーツ

ハードブーツ

一般的にあるペンで使用される硬いブーツ。
スキーのブーツのようにバックルでブーツをしめる。