ブーツの名称

スノーボードブーツ選びのポイントの第1弾、題して『ブーツを選ぶポイント①』。
今回は、『ブーツの名称』を紹介します。

道具選びで1番重要といっても過言ではないブーツです。
しっかりとした知識をもっておくことで、より自分にあったブーツが選んでください。

ブーツの各名称

★アウター

ブーツの硬さ(フレックス)、耐久性、耐水性などが決まる。

☆インナー

ブーツの内側の部分であり、直接足に触れる重要な部分。
フィット感、ホールド感に直接影響する部分なので、慎重かつ丁寧に選びたい。

『サーモインナー』という熱成形できるものがあり、いろいろなブランドからでています。
購入時に、ショップで自分の足に合わせて高温で熱成形する高温サーモインナー、
ブーツを履いている時の体温で、自分の足型にインナーが成形される低音サーモインナーがあります。

アウトソール

アウターの底の靴底の部分。
板をつけずに歩く時、直接雪や地面に接する部分。

インソール

足の裏の下にひく中敷き。
標準でついているものもあれば、ついていないものもある。
インナーにくっついていて取り外しのできないものや、取り外しのできるものもあります。
足への疲労、負担軽減や滑走時の操作性、安定性も向上します。
スノーボードシーンだけでなく、様々なスポーツでもインソールは重要視されています。

タン

足の甲からすねまでのシューレースの下の部分。

ひも

ブーツのタイプにより様々なひもがあります。
オーソドックスなブーツは、靴ひもより少し太い布製、
クイックシューレースタイプは、靴ひもより少し細く硬いもの、
BOAタイプは、ワイヤーのようなもの、
これらのひもをしめることにより、ブーツを足にフィットさせるのです。

ダイヤル

従来は、タンの部分に1つだけついており、ブーツ全体を
均等にしめることしかできなかったが、
最近では、サイドにもダイヤルが搭載され、強くしめる部分と緩める部分の
調整ができるタイプも登場している。

ウエスト幅がより細いということは、サイドカーブの値が小さい、つまりサイドカーブが深い板(ボード)で、
逆に、ウエスト幅が太いということは、サイドカーブの値が大きい、つまりサイドカーブが浅い板(ボード)ということです。

Boaブーツ