グローブの名称

スノーボードのグローブ選びのポイントの第1弾、題して『グローブを選ぶポイント➀』。
今回は、『グローブの名称』を紹介します。

店頭には多くのかっこいいグローブが並んでいます。
ついついデザインで選んでしまいがちではないでしょうか?
グローブの名称や構造などを把握して、失敗しないグローブ選びをしましょう。

グローブの各名称

●シェル

革、合皮、布等が使用されている。
保温力、強度、耐久性、安全性等を考えると、革がいいのではないでしょうか。

●フィルム

安価なグローブになるとフィルムがない場合もあるため、慎重に選ぶ必要があります。

●インナー

ポリエステルやフリース等の素材が使用されています。
当然、フリース素材は暖かいですが少しごわつきます。
自身は暑がりなので、ポリエステルのものを使用しています。(十分暖かいです。)

★レイヤータイプ

どんなグローブを選んでも、普段の手に比べてごわつくのはしかたのないことです。
リフトの上でグローブをつけたままポケットをあけたりするのはなかなか大変です。
インナーをつけたままグローブを外して何かしらの作業ができるのは、寒い中では大変ありがたいことです。絶対に、取り外せるタイプをおすすめします。