ゴーグル(レンズ)の種類

ゴーグル(レンズ)の種類

スノーボードのゴーグル選びのポイントの第2弾、題して『ゴーグルを選ぶポイント➁』。
今回は、『レンズの種類』を紹介します。

ゴーグルを選ぶときに気になるのは、デザイン(見た目)でしょう。
しかし、デザインだけで選ぶと、きっと後悔するはずです。

レンズには、用途にあったカラーや形状、素材等、様々な種類があります。
ゴーグルの命といっても過言ではないレンズを選ぶことが最重要ポイントですね。

レンズカラー

ゴーグルのレンズは、色の違いによって様々な特徴があります。
緑色が好きだから。とか、青色がすきだから。
といった感じでレンズの色を選ばないようにしましょう。

オレンジ系

レンズカラー(オレンジ)

オールマイティに使えるタイプです。

晴天では眩しさをしっかりおさえ、曇りの日も、シャープな視界を確保する。
最もオーソドックスなタイプで、レンズカラーに迷ったらオレンジ系を選ぶとよいでしょう。

ピンク系

レンズカラー(ピンク)

オレンジ系と同様で、万能タイプです。
コントラストが髙いので、雪面の凸凹が見やすく、
雪の日には、視界全体を明るくみせてくれます。

オレンジ系より1段階暗めに強いため、曇天やナイター時はオレンジ系よりみやすい。
快晴時はオレンジ系よりも少し眩しい感じがするかもしれません。

イエロー系

レンズカラー(イエロー)

悪天候や夕方等、やや暗い時には、オレンジ系よりもくっきりした視界を確保できる。
ナイター時の視界も確保しやすい。
晴天時は、やや眩しく感じるかもしれません。

ブルー系

レンズカラー(ブルー)

コントラストが高く、凸凹がはっきりみえる。
晴天時には強いが、曇天やナイターでは視界が少し暗くなります。

グレー系、スモーク系

レンズカラー(グレー、スモーク)

着色が薄く、自然に近い視界なので、目の負担が軽減されます。
オレンジ系やローズ系よりも眩しさをカットするので、晴天時に力を発揮する。
しかし、悪天候時やナイター等では、視界が暗くなります。

クリア系

レンズカラー(クリア)

ナイターや屋内ゲレンデ等、光が少ない状況でも裸眼と同じように鮮やかな視界を確保できる。
しかし、日中ではほとんどの天候で眩しさを感じるでしょう。

ミラーレンズ

ミラーレンズ

2枚のレンズ(ダブルレンズ)の内側にベーシックなカラーを使い、外側にミラーコーティングをしているレンズ。
外側のミラーレンズが晴天時の眩しさを抑え、内側のレンズが雪面の凹凸を鮮明に映してくれます。
しかし、吹雪やナイター等の光が少ない環境下にはオススメしません。

ミラーというだけあり、外側(相手側)からは見えません。
外側(相手)からレンズを見ると、まるで鏡のようです。

ミラーレンズの色は、ブランドによって非常に様々です。
有名な『OAKLEY』では、『Iridium(イリジウム)』という特殊な発色レンズがあります。
興味のあるブランドのHPをみて、参考にして下さい。

可視光線透過率(VLT)

レンズの外側から内側に通過する可視光線(人の目で見える光)の割合。
要するに、どれくらい眩しいかという割合のことです。

VLTは、ゴーグルのレンズに%で記されています。
要するに、どれくらい眩しいかという割合のことです。

これは、ゴーグルのレンズに『%』で記載されています。
0%に近いほど光がレンズに通らないため、視界が暗く、
100%に近いほど光がレンズに通りやすいため、視界が明るいです。

目安として、晴天用は15%、くもり用は45%、ナイター用は90%とされています。
しかし、レンズカラーにより明るさはかわるので、あくまでも目安としてくださいね。

どんな天候でも、ある程度網羅できる、オールラウンドなレンズは、
ピンク系やオレンジ系で、VLTは30%~60%前後を目安にするとよいでしょう。

可視光線透過率(VLT)

シングルレンズとダブルレンズ

くもらないゴーグルを選ぶポイントで大切な、シングルとダブルレンズをみていきましょう。

シングルレンズ

その名のとおり、レンズが1枚のタイプ。
安価だが、くもりやすい。
ダブルレンズより、視界のゆがみが少ない。
短時間の滑走、雪面の凸凹をしっかりみきわめた滑走が必要な、レーサー等では着用されている。

ダブルレンズ

レンズを2枚重ねたタイプ。
レンズとレンズの間に空気の層をつくることで、くもりにくさを実現。

あくまでくもりにくいというのであって、絶対くもらないわけではありません。
2枚のレンズの内側(空気の層)の部分がくもってしまうと、レンズのくもりとなります。
2枚のレンズの内側がくもってしまうと、水滴を除去できないので、中々くもりはとれません。
しかし、普通に滑っているのであれば、シングルレンズよりもはるかにくもりは軽減されます。
激しく転倒し、レンズに雪がついてしまうケースは別ですが……

平面レンズと球面レンズ

シングルレンズとダブルレンズほど意識はしなくてもよいでしょうが、
平面と球面では、やはり、視界がかわってきます。

平面レンズ

表面が平らなレンズです。
目とレンズの距離が近いので、視界がゆがみづらく、ワイドにみえます。
比較的柔らかいので、顔にフィットしやすいです。
レンズ交換も簡単です。

球面レンズ

丸みのあるレンズです。
丸みがあるため、平面レンズよりレンズ内の容積が広い(レンズ内の空間が広い)ので、
平面レンズよりもくもりにくいです。
フレームもレンズもかたく丈夫なので、レンズが割れにくいです。
レンズが硬いため、レンズ交換は少々手間取るかもしれません。

偏光レンズ

ゲレンデの光は、雪面に反射し様々な方向から目に入ってきます。
偏光レンズは、ある1つの方向の光のみをとりこみ、多方向からの光をカットしてくれます。
これにより、雪面の凸凹等の状態をはっきり見ることができます。
他のレンズより少し高価になりますが、試してみてはいかがでしょうか?

UVカットレンズ

UVとは紫外線のことです。
ゲレンデでは、雪面が紫外線を反射させ、四方八方から紫外線が目に入ってきます。
これを長時間浴び続けると、目によくないことは一目瞭然です。
UVカットレンズは、必ずつけるびきではないでしょうか。